雑話:iPhoneに正式に対応させました

久々に車と全く関係のない話を。
20100114.jpg
遅まきながらiPhoneを手に入れたので、さっそくこのブログをiPhone対応させました。
iPhone用ページは
https://rave-roadster.com/i/です。
iPhoneユーザーの皆様はぜひよろしくお願いいたします。
※通常の携帯版ももちろんやってます。
iPhone
さて、iPhoneを使ってみて1日経った感想。
・思っていた以上に使い勝手が良い
・アプリが楽しい。暇つぶしのミニゲームや便利ツールが無料でたくさん
・意外とクルマ系のアプリは少ない
(ゲーム除く)
車系のアプリで出来れば無料で便利な物がありましたらぜひ教えてください。
ただ、セカイカメラなどを使ってみて思ったのですが、GPSとジャイロが搭載されている3G端末なので、GPSロガーに使えますよね。
あと、ラップ計測もあるし、カメラもついている。
と考えると、車用のアプリを作れば結構楽しいんじゃないだろうか。
GPSの精度が何所まで高いかわからないけれど、例えばサーキットでライン取りのトレースを出来る様になったり、セカイカメラでサーキットのコーナーの攻め方を各ポイント毎にマークして、みんなで共有できるようにしたり。
ドリフトボックスみたいなのにコメントをつけられたら楽しいかも。
燃費チェッカーはあるけれど、有料アプリだな…これくらい無料で作れよ(´・ω・`)
ドライブコース共有アプリとかつくって、twitterで各ポイントにドライブおすすめ情報を投稿して共有するだけでもおもしろいかも。
似たようなのはあるけれど、あくまでドライブ専用アプリと割り切る。
なので、ドライブコース検索やおすすめドライブコースランキングなどを自動で更新したり、近くにいる同じ車のドライバーを探したり、カーショップ情報や特売情報をGPSの地域別で収集できるようにしたり。
店側もその情報をtwitterで簡単に発信できれば楽ですよね。
おお、やったらそれなりにいけどそうな気がしてきたぞ。やってみようかしら。
もちろんドライブのお供である音楽はiPhoneで聞けるわけで。
いろいろ使い勝手が良さそうなのでまたいろいろ試してみたいと思います。
iPhone用FMトランスミッター車内でiPhone3G・iPodを楽しむ

あと、似たようなマルチファンクションディスプレイがGreddyから出てますよね。
BLITZのを買ってしまった後に出たのですが、こっちも使ってみたいかも。
送料無料【即納!!】 TRUST GReddy インテリジェントインフォメーター タッチ ver1.05 TOUCH

MFD(マルチファンクションディスプレイ)は車の状態が一目でわかって非常に便利なのでぜひ皆さん装備することをおすすめしますよ。
ん・・・CAN通信の診断コネクタってiPhoneに接続出来るようなキット作れないのかな。もし接続できて、信号を解読するアプリを作れたら(パソコンやMFDなどでいろんなツールがあるので、信号解析のソフトはそんなに難しくないはず)iPhoneのアプリがそのままMFDに出来たりするのかな・・・?
おおお、それはいいかもしれん。音楽を聴きながらアプリで車の状態をいつでもチェック!
ただ、電源持たなさそうですな(´・ω・`)

最近人気の記事

2 Comments

  1. ねこさくら ねこさくら
    2010年1月19日    

    こんにちは。
    今月からNC乗りになったねこさくらと言います。
    iPhoneアプリで快適運転というものがあります。意外と面白いですよ。
    あと、SteetCaptureとかもそこそこ面白かったです。
    ブログの記事大変参考にさせていただいています。少しづつですが自分も手を入れていきたいので勉強させてもらってます。

  2. レイヴ レイヴ
    2010年1月21日    

    ▲ねこざくらさん
    はじめまして!そして、めくるめくロードスターの世界にようこそ(`・ω・´)
    アプリ情報ありがとうございます。紹介内容をみたらすげー楽しそうですね!
    早速ダウンロードしてみます!
    というか乗らなきゃいかんですね(笑
    Gセンサーを使えばいろんな事が出来そうですねぇー。
    ぜひ今後ともよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

著者近影
著者名:レイヴ
アイオライト号
愛車:アイオライト号

車種:ロードスター NC RHT
グレード:Roadster 5MT
→プロフィール

ご連絡はこちらから
raveroadster@gmail.com

スルガスピードPFSループサウンドマフラー

本ブログの筆者がマフラーメーカー「スルガスピード」と共同開発を行い、高次元のレスポンス向上と官能のサウンドを追求しました。
NC1,NC2両対応。
201005112.jpg