HKSレーシングサクションリローデッド 装着

200808161.jpg
先日購入した「HKSレーシングサクションリローデッド」を装着しに、おかっぴさん宅へ行き、つけてきました。
おかっぴさんはすでに2台つけているので、作業も楽勝。1時間かからず、30分くらいでつけられましたよ。
取り付け方は純正のエアフィルターをスロットル先の根本からごっそり交換するだけ、という感じ。
ってか、とにかく暑くて暑くて、二人ゲロ吐きそうになりながら装着。すでに汗だくだく(;;`・ω・;)
200808162.jpg 200808163.jpg
取り付けた後は早速試乗。
まず、エンジンをかけたときからの音が変わりました。一段階低くなった感じで、ドゥルルルルルルンンン!
えへっ、コーフンします(`・ω・´)
エンジンルームを開けたままアクセルをふかしてみると、アクセルオンの度に「シュポッ!」っていいます。なんかかわいい(笑
走りの方はというと、低~中回転域のトルクがかなり変わりました。かなり太くなっているというか、モリモリ前に行こうというパワーがあり、すげー楽しい!
スロットルコントローラーとかアクセルをがばっと開けるという感覚ではなくて、奥底からのパワー感が全然違う感じです!
グモモモモモ・・・!(`・ω・´)
これは峠ではかなり楽しいだろうな!サーキットの立ち上がりなどもかなり変わってきそうですね。うーん、何らか実証でしたい。パワーチェックやっておけばよかった。
ただし、遮熱板が無くなったおかげで、吸気温度がすぐにあがります。
以前の純正+K&Nエアフィルターで、COBALTエアインテーク仕様ですと、吸気温度は通常で35度くらい、ちょっとアイドリングしていても45度を超えることは珍しかったのですが、遮熱板が無くなったことと、吸気効率も上がったのか、信号待ちのアイドリング中に吸気温度が60度を楽勝で超えてしまいます。
ただ、エアインテークがあるので、走り出すとグングン温度は下がり、外気温そのままというくらいまで落ちます。
以下のようなイメージ。

純正のエアインテークですと空気の取り入れがかなり悪いので、HKSレーシングサクションリローデッドに交換された方は、以前ご紹介した海外パーツのエアインテークに交換することがオススメかもしれませんね。
で、無事装着後、ロドスタ仲間のみんなで河原でバーベキュー(`・ω・´)
おかっぴさん特選のシマチョウやリブロースで豪勢にいきました!
携帯と比べてのこの特大サイズのステーキ!備長炭遠赤外線で、ジューシィー!パクッ!ジュワー!
うめぇーうめぇーえへぇー(*`∀´*)
200808164.jpg 200808165.jpg
最高の休日でした。
おかっぴさん、ありがとうございます!
あと、キノコってこういうことしたくなるよね。こんなに立派ではありませんが。
(´・ω・`)
20080816ex.jpg
HKS レーシングサクションリローデッドロードスター NCEC(6MT) 送料無料!!

最近人気の記事

4 Comments

  1. アレチチ アレチチ
    2008年8月18日    

    ラストの写真間違いないwwwwwwwwww
    しかしオイラもそろそろ改造しようかな(´・ω・`)

  2. かとぺ かとぺ
    2008年8月18日    

    レイヴちん
    電車の中で笑い堪えるの大変なんだからぁ(≧▽≦)
    そんだけ効果があるんだ!
    別の意味で(//▽//)

  3. Indy Indy
    2008年8月18日    

    いいなぁエンジンルーム内にアルミパーツが映えますなぁ
    私も付けたいけどECUセッティングとセットになっちゃうから予算が…

  4. レイヴ レイヴ
    2008年8月18日    

    ▲アレチチさん
    間違いないよねwww
    改造も色々やってきましたけど、でもノーマルも懐かしく思います。
    もうもどせないけど(´・ω・`)
    ▲かとぺさん
    ボキーン(*`゚ω゚´*)
    効果絶大ですよ!
    テンションアゲアゲになります!
    ▲Indyさん
    FDはECUセッティングが必要なんですか(´・ω・`)
    NCはそのままつけても問題ないでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

著者近影
著者名:レイヴ
アイオライト号
愛車:アイオライト号

車種:ロードスター NC RHT
グレード:Roadster 5MT
→プロフィール

ご連絡はこちらから
raveroadster@gmail.com

スルガスピードPFSループサウンドマフラー

本ブログの筆者がマフラーメーカー「スルガスピード」と共同開発を行い、高次元のレスポンス向上と官能のサウンドを追求しました。
NC1,NC2両対応。
201005112.jpg