残念なロードスターと期待のロードスター

私が勤めている会社の社長のTD-1001Rのガレージが地震で倒壊したと言うことを今日聞きました(´・ω・`)
あぁー、貴重なTD-1001Rが・・・
自宅が仙台なので(普段は東京で仮住まい)どうやら大変なことになったようです。
まぁ、修理はTCRに出すのかな。

ちなみにTC-1001Rとはディーテクニックが開発したNBのコンプリートカーです。

TD-1001R

mixiなどでも、被災したロードスター乗りの方や愛車が津波にのまれたというオーナーさんもいらっしゃるようで、なかなかロド乗りにも等しく災難ですね。

そんななかで、海外ではロードスターNCに新たな活躍が期待されています。

http://response.jp/article/2011/03/24/153751.html

レースモデルのロードスター

マツダ『ロードスター』が、2011年シーズンの英国耐久レース選手権に参戦する。そのために開発した軽量マシンが23日、公開された。

このレース専用車は、『MX-5 GT』と命名。マツダと現地のイオタスポーツが400時間をかけて共同開発し、FIA(国際自動車連盟)の安全基準に対して、17倍ものボディ剛性が追求された。

徹底した軽量化が施されるのもMX-5 GTの特徴。オープントップは廃止され、ドアはカーボンファイバー、窓ガラスはポリカーボネートに変更された。内装材や快適装備も省かれ、強固なロールケージを装着。これらの軽量化の結果、車重は850kgに仕上げられる。

2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンは専用チューンを受け、最大出力275psを発生。トランスミッションはパドルシフトの6速シーケンシャルだ。マツダによると、MX-5 GTは0-96km/hを3秒で駆け抜け、最高速は257km/hに到達するという。

MX-5 GTは26日、英国シルバーストンで開幕するMSA英国耐久選手権で実戦デビュー。アストンマーチン、ポルシェ、ロータス、BMWなどの強豪に対抗する。マツダUKのGraeme Fudge氏は、「同じクラスのパワフルなライバルに対しても、MX-5 GTは互角に戦える実力」と自信を見せている

なんつー魔改造(笑
ぜひ走っているところを見たい!で、ポルシェとかブッちぎって欲しいですね(`・ω・´)
RX-8もアメリカのデイトナで優勝してたし、シルバーストンの複合コーナーならNCで結構勝ち目あるかもも!?

最近人気の記事

2 Comments

  1. アレチチ アレチチ
    2011年3月26日    

    このロードスターやべぇね( ;´Д`)
    空転防止付いてなかったら死ねる( ;´Д`)
    しかしすげぇクルマ作ったな((((;゚Д゚))))

  2. raveraver raveraver
    2011年3月29日    

    ▲アレチチ
    レース結果が今日出てたけど、惨敗・・・(´;д;`)
    まぁ、相手が悪いわな。
    でも、こうしてちょっとずつでもメジャーな舞台に出ていって欲しいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

著者近影
著者名:レイヴ
アイオライト号
愛車:アイオライト号

車種:ロードスター NC RHT
グレード:Roadster 5MT
→プロフィール

ご連絡はこちらから
raveroadster@gmail.com

スルガスピードPFSループサウンドマフラー

本ブログの筆者がマフラーメーカー「スルガスピード」と共同開発を行い、高次元のレスポンス向上と官能のサウンドを追求しました。
NC1,NC2両対応。
201005112.jpg