エラーコード調査

故障から復帰したロードスターですが、ディーラーで念のためコンピュータのログを解析していただきました。
この手の事象は自己責任の所もあるので申し訳ない思いですが、せっかくやってくださるというのであればお言葉に甘えます。

その結果、原因は”わかりません”でした。

ただ、一つ分かったことはコンピュータがはき出しているエラーコードの中に、マツダでも把握していないエラーコードがあったとのこと。

また、ABSのランプが先についたように実際ににABS関連のエラーがいくつかはき出されていたあとに他のエラーが出ていましたが、最初の方に原因不明のコードがあったとのことです。

一度CPUリセットしていただいてあらためてログが出ないかを確認。出なかったのでもう大丈夫そう。

ディーラーさんがおっしゃるには、電装系のパーツは、本体のモジュールそのものの制御を書き換えたりすることもあり、それが原因で本体側のモジュールを壊してしまうこともあるので、基本的には一番やめて欲しいし原因の特定が難しいというコメントでした。
まぁそうですよね。おいらもシステム屋さんなのでよくわかります。

そんなわけで、スマートトップには皆さん注意しましょう。
あらためて取り外すの超大変だったから・・・

余談
ディーラに行ったらNCに試乗に来た方がいました。売れたらいいなぁ( ^ω^)

最近人気の記事

3 Comments

  1. ぐらいだー ぐらいだー
    2012年5月6日    

    スマートトップは もう付けないのですか?

  2. raveraver raveraver
    2012年5月6日    

    ぐらいだーさん
    うーん、つけたいですけど、みすみす壊れる危険性がある物をつけるのもどうかなと思うのでつけません。
    多少不便になりますが、それでもオープンに出来るので元に戻して乗っていきます。

  3. いな いな
    2012年5月31日    

    以前にコメントさせていただいた いな です。
    スマートトップの最新Firmwareが昨日から公開になりました。
    もしかすると新バージョンで解決するかもしれません。

    http://www.mods4cars.com/m4cupdate/

    STHFMA1 v1.22 2012-05-30

    2012-02-16
    Compatibility fix. Ignition status was not read
    correctly in rare cases – v1.22

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

著者近影
著者名:レイヴ
アイオライト号
愛車:アイオライト号

車種:ロードスター NC RHT
グレード:Roadster 5MT
→プロフィール

ご連絡はこちらから
raveroadster@gmail.com

スルガスピードPFSループサウンドマフラー

本ブログの筆者がマフラーメーカー「スルガスピード」と共同開発を行い、高次元のレスポンス向上と官能のサウンドを追求しました。
NC1,NC2両対応。
201005112.jpg