ドアパネルをホワイトレザー加工

そんなわけで、年末年始は暇つぶしに内装をいじろうと思ったのですが、なんだかんだで年末年始は予定があってそんなことしている暇はないので、ひとりぼっちのメリークリスマスに内装を施工したよ!

まず内装施工第1弾としてはドアパネルの内張加工。ブレイズエディションを参考に。ラディアントエボニーやハイランドグリーンだけでなく、ストーミーブルーもダークなクール系色だから白は似合うと思うんだ。最終的にはシートとかも白にしたいけどね。合皮ならお手入れも楽なので。まぁそれはさすがに遠いかなぁ。

そして今日シートとスプレーのりが到着しました。

シートと糊

購入したのは下記のオフホワイト色。ビニールレザーですが、質感はなかなかです。まぁ、合皮の椅子の背もたれみたいな感じ。ちなみにスプレー糊も買って2600円くらいでした。安い。

とりあえずドアパネルを引っぺがしてきました。今日の東京はクソ寒いのでシンナー臭が充満するけど室内加工。せっかくなので、油脂を取るついでにキッチンタオルと洗剤で綺麗綺麗にふきあげ。結構汚れているもんです。

内装パネル。年末はみなさんふきあげ掃除しましょう。

メインで貼りつけるところに対して結構余裕を持ってシートを切りました。ちょっともったいなかったかなぁ。まぁ安いからいいか。

多めにとりすぎたか。

マスキングしてスプレー糊をべったりと。もう後戻りは出来ない!エッジ部分などはかなり多めに吹きました。

やってから気付いたのですが、シートの裏面の布の部分がものすごく糊を吸収します。なので、相当糊を使います。スプレー糊1本に対して両ドアパネルの部分だけで使い切ってしまった・・・。

覚悟を決める瞬間(`・ω・´)

で、貼りつけてドライヤーで暖めて圧着。きっと夏場は伸びてきて、冬場は縮むのでそれを見越して、冷えてからあまり部分を裁断。ドアの端っこの部分は裏側に巻き込むようにして見えなくする。裁断では相当苦労した。もっとも精神力を必要とする作業。ミスは絶対に許されないィィィイィ。

裁断のエッジ部分はやはりギザギザするので、クロム調のエッジモールで補強&見た目調整。あわせてドアグリップもレザー加工。これについての行程は割愛。かなり濃いめかつ若干紫ががった茶色のレザーを購入していたので巻き付けて整える。スェードレザーと悩んだけど、白にはこちらの色が似合ってた。

完成(`・ω・´)

完成。悪戦苦闘。

そして装着。おおおお!かなり純正然としたできばえでは無かろうか。モールもレザーも裏側へちゃんと巻き込んだので、端っこがぺらぺらすることもなく、ほぼ完璧な仕上がり具合。

装着!完成!

アップで。この質感、わかるかなぁ?

合皮とは言えなかなかの質感。

装着してみて、かなりいいできばえに大満足です。DIY万歳。業者に頼んだら工賃と材料費で原価1万円くらいするから2万円くらいするかなぁ。でこぼこもなく、空気も入らず、ぴたっとくっついています。
完全に自己満足カスタムですが、オープンカーは内装もエクステリアになるから大切だよね!という自己主張。

まだシートは余っているので今度はどこに使おうか。グローブボックスとかかなぁ。

最近人気の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

著者近影
著者名:レイヴ
アイオライト号
愛車:アイオライト号

車種:ロードスター NC RHT
グレード:Roadster 5MT
→プロフィール

ご連絡はこちらから
raveroadster@gmail.com

スルガスピードPFSループサウンドマフラー

本ブログの筆者がマフラーメーカー「スルガスピード」と共同開発を行い、高次元のレスポンス向上と官能のサウンドを追求しました。
NC1,NC2両対応。
201005112.jpg