RECSでエンジン内部を綺麗に

モクモクモクー(゚∀゚)

んなわけで、天皇誕生日の今日は葉山ドライブツアー&パン食べ放題!なのになぜかついでにエンジンも綺麗にしてきました!

とりあえず、長くなりそうな日記になるのがわかっているので、まずはロードスター乗りのみなさんにおくる内容から。
夏のエキマニ交換ぶりにNOPROに伺いまして、RECSでインマニからエンジン内部のスラッジやカーボンを除去して新車のコンディションの復活を!と言う触れ込みに負けて、軽く立ち寄ったつもりが施術をしていただきました。

私のクルマももう46000kmの走行距離を超え、今年はサーキットもほとんど走っていないので、エンジン内部はおそらく汚れがビッチリでしょう。
実際、エンジンのツキは悪かったですしね。なので興味が以前からありました。

RECSをインマニのところから吸わせてアイドリングをします。これで内部に洗浄剤を浸透させます。

浸透させたあとはアクセルをあおって洗浄剤を排出!(`・ω・´)

うおー!くせー!なんだか汚れが取れている感たっぷりの煙がモクモクモクー(`・ω・´)
施工は30分程度で完了。

早速走ると・・・おおー、軽い。軽いというか軽やか?激変というと言いすぎですが、なんていうか綺麗に上まで回っていきます。オイルが一段柔らかくなったようなイメージ。ツキも良くなってる。
もっというとNC2に乗せてもらったときのような感じです。
うん、これはいいかも。6000円の施術なので、効果としては抜群。

走行距離の多い方にはオススメです。

最近人気の記事

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

著者近影
著者名:レイヴ
アイオライト号
愛車:アイオライト号

車種:ロードスター NC RHT
グレード:Roadster 5MT
→プロフィール

ご連絡はこちらから
raveroadster@gmail.com

スルガスピードPFSループサウンドマフラー

本ブログの筆者がマフラーメーカー「スルガスピード」と共同開発を行い、高次元のレスポンス向上と官能のサウンドを追求しました。
NC1,NC2両対応。
201005112.jpg