ロードスターで行く名古屋、白川郷、飛騨高山の旅vol.1 名古屋編


さて、今回中部地方遠征には中部ミーティングともうひとつの目的がありました。

中部ミーティング前に母親を温泉でもつれていこうと思って、どうせなら世界遺産白川郷と、飛騨高山の町並みを見せてあげようと思い、前入りして名古屋と岐阜見物に赴いたわけです。
父親が単身赴任族だったせいもあり、まともに家族旅行をしたことが無いことと、友達の少ない母がどこかに出ていくと言うことはほとんど無く、ましてや親戚もいない中部地方に行くことは老い先短い今後も一生無いだろうと思い、まぁ親孝行というわけです。マザコン言うな(´・ω・`)
あとは俺が行きたかったという理由もあるがな(゚∀゚)

で、木曜の夜中に出発して東名高速をひたすら南下し、名古屋へ。
0時に東京を出てついたのは朝の5時半。少しもったいないが待ち合わせの時間までカプセルホテルで就寝。
しかしながら、カプセルだと俺の身長だと頭のてっぺんまで枕をあわせても足先が足りないと言う(´・ω・`)

3時間ほど寝て名古屋駅でオカンを拾う。その後まずは名古屋城へ。空襲で焼けてしまったが故に、名古屋城ビルと言うべきか。でも金の鯱が見たいのである!
 

炎天下の中、お堀の周りを歩き場内へ。
名古屋の歴史資料館的な感じですね。天守閣から見る名古屋の景色はいいもんです。

ああ、そういえば関ヶ原の決戦410年祭のようです。うーん華の慶次。410年で死闘にかけてるのかしら?

その後は名古屋名物ひつまぶしを食べにランチ。とは言っても、東京竹葉亭。東京でも食えるがな(´・ω・`)

関西人であるが故に、蒸すよりも焼いているウナギがデフォなので、焼いたバージョンを頼んで、そのまま食べて、薬味をつけて食べて、茶漬けにして食べて大満足(`・ω・´)

そして今度は熱田神宮へ。草薙の剣がご神体である。強そうだ。

境内のご神木になんと蛇神様がいらっしゃって、生卵を丸飲みしていました。スゲェ、飲み込めるのがスゲェ。絶対あごはずれてる!しかし、見ている間に蚊に足を5カ所位さされてしまった(´・ω・`)手洗い場の横だからなぁー。

 

熱田神宮で、この旅が無事に帰れることを祈願して、一路白川郷へ向かう。
そう、すでに東海北陸自動車道をミーティング前に北上していました。

途中、アレチチと待ち合わせの長良川SAを下見がてら休憩。その後はノンストップで白川郷へ。
2008年に開通した全長11kmのトンネルをひた走る。先が全く見えない、すごい。こんな長いトンネルなんて初めてー、と思っていたらアクアラインとか山の手トンネルを何回も通ってますがな俺。でもこういうトンネルを見ると、シールドマシンってホントに凄いんだと感心しますね。

そして白川郷に到着。17時くらいかな。
夕暮れ時でしたが、夕闇にそびえ立つ合掌造りの家屋に圧倒される。意外とデカイ!

大きいものですと4階建てくらいあるそうです。

今回は合掌造りの民宿ではなく、温泉旅館「白川郷の湯」に宿泊。
せっかくなので奮発して一番広い部屋&飛騨牛ステーキのお夕食にいたしました。
庄川が窓から見える素敵和室でしたよ。広々!
夕飯も豪華で、食べきれないくらい。飛騨牛ステーキはジューシーで柔らかく、肉の甘みもしっかりあって、これはなかなか美味(`・ω・´)

温泉は内湯と露天の2種しかありませんが、湯加減もよく、長旅で疲れた体を癒すには最高でした。
露天からは綺麗な星空も見えましたよ。

そんな感じで前日ほぼ寝ていなかったので早めに就寝。
そして白川郷観光と飛騨高山へ・・・vol2に続く

最近人気の記事

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

著者近影
著者名:レイヴ
アイオライト号
愛車:アイオライト号

車種:ロードスター NC RHT
グレード:Roadster 5MT
→プロフィール

ご連絡はこちらから
raveroadster@gmail.com

スルガスピードPFSループサウンドマフラー

本ブログの筆者がマフラーメーカー「スルガスピード」と共同開発を行い、高次元のレスポンス向上と官能のサウンドを追求しました。
NC1,NC2両対応。
201005112.jpg