走行会に出てみて思ったこと

まぁ、色々と足りない部分がわかりました。
運転技術もそうですが、なんにせよドノーマルで出るもんじゃないですなぁ(笑
もっとも走行会で苦労したのはシートです。ホールドしてくんない。
いや、ホントカーブの度に体があっちへフラフラこっちへユラユラ。
おかげで今日は全身筋肉痛です(´・ω・`)
右肘もなんか痛いし。
レース中、変に力をかけてセンターパネルのところで肘を押さえて支えてたら、窓が開いたりしたし(笑
※ロードスターはドアじゃなく、シフトノブ後ろのセンター部分に窓のスイッチがあるのです。
ってわけで、やはり重要なのはシートですな。
シートをしっかりして、4点式のベルトしてれば大丈夫でしょう。
というか、特にこの車のシート自体に大きな不満はないんだけど、一点。
私の座り方だと腰が浮いています。
まぁ、私は腰痛持ちなんですが、あまりビッタリフィットする感じじゃないので、数時間運転したときは、
やはり多少の疲労感があります。
ってわけで、これが欲しい↓
ts-g.jpg
レカロのTS-Gです。
10万円近くしますが、かなりよさそう。レビューも上々。フルバケでも無問題。
なぜなら私は身長が181cmあるので、シートは最後方にセットせざるを得ないので、リクライニングは不必要。
春先あたりに買えるように貯金しておこうかな。
まだまだ純正のシートでいいんですが、今度走行会に出るときは、シートは変えて出たいです。
もう、腕が痛くて痛くて(´・ω・`)

最近人気の記事

1 Comment

  1. かねぴー かねぴー
    2006年12月12日    

    確かに、シートを代えたほうがよいですよ。
    ホールド性もそうだけど、クルマの挙動がわかりやすくなります。
    おそらく10cm以下のスライドでも分かるようになると思うので、なかなか良いですよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

著者近影
著者名:レイヴ
アイオライト号
愛車:アイオライト号

車種:ロードスター NC RHT
グレード:Roadster 5MT
→プロフィール

ご連絡はこちらから
raveroadster@gmail.com

スルガスピードPFSループサウンドマフラー

本ブログの筆者がマフラーメーカー「スルガスピード」と共同開発を行い、高次元のレスポンス向上と官能のサウンドを追求しました。
NC1,NC2両対応。
201005112.jpg