グッドデザイン賞 2010

さて、本日は東京ビッグサイトで行われたグッドデザイン賞の展示に行ってきました。
2010082801.jpg
というのは、私のロードスターのメーターパネルを作ってくださったA2Cさんがお仕事の関係でグッドデザイン賞にいらっしゃるとのことで、お誘いいただきました。
久々、以前お会いしたのは2009年04月11日なんですねー。つい最近のよう。
東京駅で合流し、炎天下ですがオープンでお台場へゴー( ^∀^)
そしてスルガスピードブォーン(`・ω・´)
ランチがてらいろいろお話をしました。話したりんくらいに。
そしてグッドデザイン賞へ。もちろん興味があるのはお車ですが、マツダはなく、日産、ホンダ、トヨタでしたね。
でもロードスターNCも2005年にグッドデザイン賞とってるわけで。
日産の電気自動車リーフがありました。他CR-Zのメータやデンソー製のメータパネルなどなど・・・CR-Zは一度乗ってみたいなぁ。
2010082802.jpg2010082809.jpg
あとは近未来の電気エコカー的な物や、potenza s001なども。
意外と車が好きでも楽しめる。
2010082803.jpg 2010082806.jpg
こうして見ると、これからの地球の未来とクルマのあり方については色々考えさせられます。
もちろん、エコとは対局のところにある車に乗ってるわけで、エコカー補助金とか、まやかしのエコではなく、もっと無理なく、永続的に楽しみながらクルマに乗って走ることが出来ないだろうか。とか。
まぁ、そんなのはどだい無理かもしれんが、いつまでもクルマを楽しめるような社会のあり方を考えたいもんです。今の俺は考えることすらしてないからな。ヒャッハー。
一番ウケたのは、ランボルギーニ用の可変式電子制御マフラーカッター。
開口部開閉度合いを制御して、音量や音色を変える感じでしょうか。
いや、これいいなぁー、アリだな。可変式にして音色を変えるとか・・・ってか、これがグッドデザイン賞にノミネートされてるのが笑える(笑
2010082804.jpg 2010082805.jpg
※でもですね、グッドデザイン賞の帰りに何の偶然かレインボーブリッジで後ろに白のガヤルドにつけられました。そしてなぜか天王洲までランデブー。スルガも負けてなかったぜよ(`・ω・´)でも、あの爆音ならいるかもな(笑
最近は仕事では営業方面が多く、なかなかデザインに触れなくなったから、コンセプトとプロダクトアウトがどういう理由になっているのか久々に考えさせられた( ・ω・)
特に家電や建築って色々考えられてるんだなぁと。
身近な生活用品ひとつとっても使うシーンとデザインと機能性がちゃんとプロダクトとしてしっかり考えられてますね。
一番気になったのが、このハニカム構造の竹炭消臭剤。通常の竹炭の10倍の表面積を持ってるとのこと。ハニカム構造フェチな俺。
2010082808.jpg
通常のクルマなら2個必要とのことですがロードスターなら1個でいいだろうな。買おうかな(・∀・)
そんなわけで、久々にA2Cさんお会いして、クルマとはまた違ったお互いの視点でいろんなお話ができ、楽しかったです。
こう、キッカケはクルマですけど、人と人の縁というのはいつまでも続いて深いですね(・∀・)
いつか三重にも行きますよ~!

最近人気の記事

2 Comments

  1. A2C A2C
    2010年8月30日    

    どうもupおつかれさまです!
    昨日、新幹線の切符を買ったら、
    出発後が5分後で
    しぬかと思いました(^▽^;)
    東京駅広すぎます(笑)
    でもおもしろかったですよね〜。いろいろヘ(゚∀゚*)ノ
    またこういう機会が巡ってくるのを楽しみにしてますよー!
    ほんと急な話に付き合ってくれて
    ありがとうでした!

  2. A2C A2C
    2010年8月30日    

    どうもupおつかれさまです!
    昨日、新幹線の切符を買ったら、
    出発後が5分後で
    しぬかと思いました(^▽^;)
    東京駅広すぎます(笑)
    でもおもしろかったですよね〜。いろいろヘ(゚∀゚*)ノ
    またこういう機会が巡ってくるのを楽しみにしてますよー!
    ほんと急な話に付き合ってくれて
    ありがとうでした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

著者近影
著者名:レイヴ
アイオライト号
愛車:アイオライト号

車種:ロードスター NC RHT
グレード:Roadster 5MT
→プロフィール

ご連絡はこちらから
raveroadster@gmail.com

スルガスピードPFSループサウンドマフラー

本ブログの筆者がマフラーメーカー「スルガスピード」と共同開発を行い、高次元のレスポンス向上と官能のサウンドを追求しました。
NC1,NC2両対応。
201005112.jpg