タイヤ交換もろもろ

さて、先日REVSPECを購入したので、本日はタイヤ交換のためにいつもの出張スピーディー確実素敵なタイヤ交換サービス「タイヤフィッターさん」(もちあげすぎか)に来ていただきタイヤを交換・・・
2009100501.jpg
していただく前に!なんと!!
ホイールに亀裂が……
何で今まで気付かなかったんやぁー(´・ω・`)
2009100502.jpg
ただ、せっかく来ていただいたのでとりあえず3本だけ交換し、クソタイヤは4本とも破棄。
早速ホイールを修理してくれる工場を手配し、溶接修理の見積もりを取りに江戸川区までゴー。
R3-BIC というお店でして、江戸川区の住宅街の中にあるお店。CORN’Sから環七を上がっていて少し入ったところです。
ウデも良さそうだし、ブログからかいま見える店長の人となりが素敵です。永ちゃんファンらしいです。
この不景気にすげー忙しそうで、私が突然お邪魔したときもなんか作業していました。
いきなりのご連絡にも快く対応してくださりましたが・・・やはり見積もりはざっくりでも溶接研磨とゆがみの修整だけでも15000円以上はするとのこと。
うーん、RS+Mは新品が20000円のホイールなので、修理は辞めて新品を購入することにしました。
でも、ホイールの修理の他、いろいろやっているお店なので、またあらためて何かでお世話になれたらいいな。
っていうか普通にガリ傷ついてるし、今度なおしてもらおうかな。
その後帰りに環七をくだり、葛西から東雲SABに寄る。マフラーがなぜか左側に少し傾いているので、強化マフラーハンガー(フック)を購入しようとしたら、NC対応品だけが売り切れ。トホ。
とりあえずお掃除モップとワイパーとエアフィルターを購入して終了。店頭にはロックスターNSXが飾ってありました。レプリカかしら。ロックスターは今年モデルだから・・・まだGTレース残ってるしね。道上龍は好きなレーサーの一人です(・∀・)
2009100503.jpg
その後帰宅して、ディーラーに電話して車検予約。ようやくこいつも3年目。はじめての車検です。
もちろんユーザー車検とかが安いのはわかってるわけですが(昔乗ってたクルマたちはそうしてたし)あえてディーラーにしたのは、やっぱりディーラーはクルマ本体の販売もそうですが、アフターで利益出さないとやっていけないわけで。
あくまで個人的な気持ちですが、どうあれ自分が買った大切なクルマをしっかり見ていただいて、そのうえで利益出していただいて、ちゃんと自分の趣味としているその企業が儲かるようにユーザーもある程度寄与するべきだと思うんですよね。
ロードスターなんてどう考えても実用車じゃ無いし、趣味車だし。
もちろん安い方がいいに越したことはないのですが、NC2になって現に内装の一部素材のコストダウンも計られていたりするし、パーティーレースもなくなるし、企業が利益を出すところで出せない状況が続いていて、そんなの全然楽しくねぇし、このままじゃ新しいクルマも生産されなくなると思うんです。
まぁ、私一人がディーラー車検したところで、ディーラーで消耗品交換お願いしたところで別に世の中変わる訳じゃないとは思うんですが、もちろん私としても安い方がいいし。でも工賃で売り上げあげたり純正部品で利益出せるようなおいしいところはやっぱりディーラーにあげたいな、と個人的に思います。
あわせてオイル交換や冷却水の交換もお願いしました。
購入の時から結局ほとんど値引きせず、その微々たる値引きからは全然足が出るクソ高いのディーラー経由の保険に入ってマージン取られてるだろうし、メンテもパーツも車検もディーラーでお願いしてるわけですが。
でもまぁいいねん。考え方は人それぞれ。でもなんか、最終的に作り手の利益にならないようなカネの使い方って言うのは結局その文化そのものも衰退させてしまうような気がしてならない今日この頃。
あ、関東マツダ洗足店の同田貫さん藤永さんとかあと、よくメンテでお世話になるおっちゃん・・・名前忘れた・・・みんな笑顔が素敵でお客様思いでみなさんいいひとたちです、大好きです。マツダ車買うなら洗足店で買ってください(笑
そういや本部に異動した営業の児玉君は元気かなぁー。
来週入庫、しばらくのお別れ。まぁ、たいして変わらんと思うけどしっかり見てもらってきてください。俺のロードスター。

最近人気の記事

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

著者近影
著者名:レイヴ
アイオライト号
愛車:アイオライト号

車種:ロードスター NC RHT
グレード:Roadster 5MT
→プロフィール

ご連絡はこちらから
raveroadster@gmail.com

スルガスピードPFSループサウンドマフラー

本ブログの筆者がマフラーメーカー「スルガスピード」と共同開発を行い、高次元のレスポンス向上と官能のサウンドを追求しました。
NC1,NC2両対応。
201005112.jpg