サーキットトライアル

まだ先の話だけど、今年はサーキットトライアルに出てみようかしら。
でも、この仕様で出られるのかな?MOREクラスCLOSEDクラスなら行けそうな気はするけど・・・。
もちろん、タイムの向上は鉄則ですが。10秒代にはいれたら入賞くらいは出来そう。
パーティーレースにでれない身分である以上、何らかのカタチでイベントで走ってみたいもんです。
RHTで走る人はまぁいないですし、NC2も出たところで、何らかのカタチでRHTのアピールをしていきたいところ。別にマツダからは何ももらってませんが(くれてもいいんですよ?w)
しかしながらパーティーレーサーがうらやましい今日この頃。
この前のバイキンマン走行会では一部抜きつ抜かれつなシーンもありましたが、さらにそこに駆け引きとかが入ってくると俄然面白いんだろうな。
たぶんそれはパーティーレースでもF1でもその楽しさってあまりかわんなさそう。
タイムアタックするには中途半端なパワーで、変な仕様だから比較がむずかしいんですが、タイムよりももっとおもしろいことがパーティーレースならありそうですね。
ダイハツも国内のレースイベント終了したり、WRCやF1の撤退などで軒並み寂しい状況ですが、マツダだけは頑張って、もっとクルマの楽しみとかを啓発していって欲しいですね。

最近人気の記事

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

著者近影
著者名:レイヴ
アイオライト号
愛車:アイオライト号

車種:ロードスター NC RHT
グレード:Roadster 5MT
→プロフィール

ご連絡はこちらから
raveroadster@gmail.com

スルガスピードPFSループサウンドマフラー

本ブログの筆者がマフラーメーカー「スルガスピード」と共同開発を行い、高次元のレスポンス向上と官能のサウンドを追求しました。
NC1,NC2両対応。
201005112.jpg