エンジンヘッドカバーかっこよくしたりレブとかR&Sとか

先日タイヤ交換をした際に、ふと「エンジンヘッドカバーをカッコよくしてーな」となぜか思って、こんな塗装をしてみました。
200809271.jpg
センターをボディ同色塗装するのは流行ってるので、すでにやっていましたが、この塗り方はあまりほかにもいなさそう。
4つのブロックが別パーツで、シャフトでつながっているように見えません?
あまり全体をべったり塗ってるのは好きじゃないので、これくらいのあしらいの方がシブイと思われ。ただマスキングテープじゃなく、養生テープでマスクしたからあまり境目がきれいではないけど、まぁOKとしよう。
エンジンルームがかなりハデハデになってきました。あとはホットワイヤーとかもつけたいなぁ。
NAなら、バフがけしたピカピカのヘッドで主張できるだけに、NCはカバーでしかできないのがちょっと残念。
200809273.jpg 200809272.jpg
あとは今週はレブスピードとロード&スターの発売日。26日は毎回楽しみです。
レブではディーテクニックのTCR-2000とともにホイール合成などの解説が掲載されていたり、インテグラル神戸のLSD装着車のフィーリング分析など、いくつかNCがでているページがあって結構参考になりました。
ロード&スターはNC2(マイナーチェンジ後)の紹介があったのもありますが、個人的には次号から季刊ではなく半年に1刊になるという、非常に残念なお知らせが。
唯一の専門誌なのに、非常に残念です。みんなもっと買ってください。マジで。
ロードスターという狭い世界の中でも経済を回していかないと、雑誌もそうだしパーツなどもでなくなってしまいますからね。
なので僕はガンガン買います。ただ、今は金欠になってますが(泣

最近人気の記事

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

著者近影
著者名:レイヴ
アイオライト号
愛車:アイオライト号

車種:ロードスター NC RHT
グレード:Roadster 5MT
→プロフィール

ご連絡はこちらから
raveroadster@gmail.com

スルガスピードPFSループサウンドマフラー

本ブログの筆者がマフラーメーカー「スルガスピード」と共同開発を行い、高次元のレスポンス向上と官能のサウンドを追求しました。
NC1,NC2両対応。
201005112.jpg