ディーテクニック走行会 @TC1000 &NCロードスターオフ会

2008050401.jpg
Photo by HG MICA(C)
昨日は久々のサーキット走行会でした。アドレナリン全開でブチ込んできましたよ!(`・ω・´)
ですがー、昨日のベストタイムはベストから約0.5秒落ちの45″637でした。
うーん、そろそろ季節的に無理な時期かー。
昨日は参加台数も多く、さらにロードスターNCオフ会も開催されるとのことで、合計30台ちかくのNCが集まりました!
走行会参加者のNCも仲間に入りました。ポルシェスピードイエローやスパイシーオレンジマイカのNC、みんからでも拝見したことのある内装を細かく手を入れている方、ダムドエアロの方など、いろんなバリエーションのNCロードスターが集まって、非常に華やかなオフとなっりました。
2008050402.jpg 2008050403.jpg
一番面白かったのが、各オーナーへのインタビューでしたね。他車とは違うポイントや、NCの隠された秘密、裏話など色々聞けて楽しかったです。まだまだNCはこれからも楽しくいじって行けそうですね。
私はRHTでのサーキット走行のポイントや、日本末入荷のパーツ等をご紹介させていただきました。
そしてNCだけのサーキットパレードラン等も実施。初めてコースないにはいる方もおられたようで、良い経験になったのではないでしょうか。ここからモータースポーツに興味が沸いていただけると非常に嬉しいですね。
今回のオフの模様は6月26日発売のRoad&Star誌に掲載されるようですので、そちらもお楽しみに(*´∀`*)
2008050404.jpg 2008050405.jpg
走りの方はというと先日KTSで交換したエンジンオイルSPEED MASTER スーパーレコード 5W-30というモノに変えたんですが、イマイチフィーリングが悪い。
街乗りでも多少感じていたのですが、吹け上がりがビミョーに悪くて、今回はオイル交換後初のサーキットだったのですが、複合コーナー後や最終コーナーの立ち上がりに若干違和感を感じました。重い。
やっぱりオイルの相性があるのかな。以前ディーラーで入れてもらったCastrolオイルのほうがエンジンはよく回った感じです。さすがディーラー(笑)。今度はDテクでMOTULオイルを入れてもらおうかな。
また、こちらの写真をご覧いただければわかるように
2008050406.jpg 2008050407.jpg
Photo by HG MICA(C)
ものすげーロール量。その日も3人くらいから「足柔らかいですねー」と言われました(苦笑
この写真を撮ってくださったHG MICAさんからは「硬い足にするだけで1秒アップくらいはするんじゃないですか?」というコメントも。
安定感が無いですからねー。リア2.0kg/mm フロント2.5kg/mmですから。
ちなみに昨日はダンパーの減衰力を硬めの175%(無段階なので1と3/4回転)くらいにしてきましたがこんな感じなので。あと、挙動が激しすぎて乗っていたら疲れますね(笑
そろそろオーリンズかなー。
ガルウイング化が先か足回りが先か(笑
タイムがイマイチ伸びなかったのは気温のせいもありますね。当日は半袖でもちょうどイイくらいでした。曇り空だったけど日焼けが(笑
今回は走行会以外にもいろんな方にお声がけいただき、色々お話も出来て非常に有意義な走行会となりました。
タイムは削れませんでしたが、最後のヒートである種「開眼」した走りが出来たので(笑)次回参加予定ののラディアンス走行会ではそれをいかんなく発揮して、44秒台に入れたいと思います。無理か。
夏場に猛練習して、この冬には今の仕様で43秒台に行きたいなー。

最近人気の記事

3 Comments

  1. HG-MICA HG-MICA
    2008年5月6日    

    レイヴさん今晩は
    このバネレートかつRHTでベストが45.1秒台って凄いと思います。
    NCの本来の走りはこの様にロールさせながらリアをしっかりグリップさせて走るものなのかもしれませんね。
    私はもう少し固めてリアを流しながらでないと怖くて走れません。
    44秒台(近々に実現しそうですね)そして43秒台の達成、期待しています。

  2. Indy Indy
    2008年5月7日    

    こんばんは
    やっぱサーキット面白そうですね
    でもまだヘルメットが届きません…

  3. レイヴ レイヴ
    2008年5月8日    

    ▲HG-MICAさん
    コメントありがとうございます!(*´▽`*)
    写真も使わせていただきました!
    今回の走行会では最後のヒートに、あえてこの足でブレーキングドリフトっぽいことをしてみたら1コーナーが非常にスムーズに回れた上に、トルク全開でコーナリングでき、一気に前の車両と間を詰めることが出来たので(最終コーナーでミスってしまったのですが)、大きく回るところはリアを若干流し、中間の複合は粘らせて行けば結構タイムアップするかもしれません。
    しかし、クセのある足です(苦笑
    ▲Indyさん
    お久しぶりです。
    まだメット来ないんですかー(´・ω・`)
    また近々走る予定が決められたらブログに書きますので、メットが来たら是非ご一緒しましょう!
    楽しみに待っていますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

著者近影
著者名:レイヴ
アイオライト号
愛車:アイオライト号

車種:ロードスター NC RHT
グレード:Roadster 5MT
→プロフィール

ご連絡はこちらから
raveroadster@gmail.com

スルガスピードPFSループサウンドマフラー

本ブログの筆者がマフラーメーカー「スルガスピード」と共同開発を行い、高次元のレスポンス向上と官能のサウンドを追求しました。
NC1,NC2両対応。
201005112.jpg