いろいろ

閑話休題、ということで。
いろいろアメリカの方ではロードスターグッズが出ておりますな。日本ではまだ少ない吸排気系も充実。
レーシングビート製ばかりですが。
Racing Beat MX5 Miata Intake
2007102601.jpg
これはシブイかも。バンパーばらさなきゃいけないのがめんどくさいけど取り付けはボルトオンでカンタンみたいです。
左)MX-5 Header by Racing Beat
右)RoadsterSport Stainless Midpipe NOW SHIPPING :: 06+
2007102602.jpg 2007102603.jpg
エキマニですな。日本ではHKS以外無いので、試してみたい。
上記3製品はこちらのサイトから購入できますが、日本向け通販のほどは不明です。
だれか試してみてください。
私はとりあえずお金がないので当分先です。
年内の予定はクスコのLSDいれるところで終わりにしようかなと。
ちょっと金を貯めて、ホイールをエンケイのRS+M 17インチにして、それにネオバ。
普段履きはすでに持ってるRAYS17インチのやつにS-driveでもつけておこうかと。
それでサーキットと街乗りを17インチにあわせてアライメントもとりなおして……を年明けの予定に(`・ω・´)
バンパー直す気は当分ありません(笑
最近ゴルフにハマっており、今日も仕事が終わってロッテ葛西の練習場でスパコーンと練習。
しかしながら、ドライバーがトランクに入りません(´・ω・`)
助手席に誰もいなければそのままつっこみますが、同僚がいる場合はトランク内のジャッキ収納のふたを開けてドライバーのグリップをそこにいれ、ヘッドをいれるという結構めんどくさげな感じです。
ちなみにヘッドはこれテーラーメイド R300 Ti
シャフトはF.T.G.+Tour45インチ
2007102604.jpg2007102605.jpg
親父のお下がりです(・∀・)
でもこれがトランクにはいんないもんなぁー。
来週からはゴルフレッスンの開始です。速くラウンド回れるようにがんばろうー。とりあえず“超スライス”を治さなくては。
うーん、クルマにゴルフに練習しなければいけない物がありすぎて困る。
ってか仕事もがんばらねば(´・ω・`)
あ、あと先日仕事の市場調査で「Biz Innovation 2007」というIT系のフォーラムに行ってきました。
ライバル会社のところに行って、いけしゃあしゃあと名刺出すまえに製品情報聞いてきましたが何か?(笑
あと、すげーどうでもいいネット広告の営業に捕まって30分もトークされたりと激烈うざかったり。でも向かいのブースのコンパニオンのネーチャンのパンチラが見えたから許す(#・ω・)凸
ほとんどSEOスパムのような商材で「これからのWEB2.0はこういうスタイルなんですよ」とか言われても、激しく同意できません。っつーかWEB2.0の意味わかってる?というより2.0とか関係ないし、意味のない単語並べてんじゃねぇよ。そのうち会社潰れるよそんなことしてたら。とか思った。
で、そこのすぐ近くの会場でみなさんご存じ(?)の「サイボウズ」の10周年記念イベントも行われており、そこでロードスターの開発主査 貴島氏の講演が行われていました。
タイトルは「ロードスターに見る、プロジェクトマネジメント6つの秘密」です。
講演内容の詳しい情報はこちらから
上記リンクは是非見てください。ロードスターのことはもちろんこと、実際のビジネスにも活用できる講演内容が綺麗にまとめてあります。はてブされまくってるのがその証拠(`・ω・´)

貴島氏はロードスターという商品を次のように語る。
 「車ではなく、志を買っていただいている。コンセプトを買っていただいていると思っている」
 買った人も幸せ、作った人も幸せ──。それを実現するには、良いモノを売るのではなく、そのモノに込められた志こそが商品だということだ。

素敵!(*・ω・*)
こんなことを言えるようになってみたい。まぁこの講演と同じ内容は別の場所で伺ったので内容は知っておりますが、改めて勉強になります。
こんな風に思われる、思える製品やビジネスモデルの構築をしてみたいもんです。
ながくなったけど、久々のつれづれ日記でした。
とりとめなくてごめんなさい。

最近人気の記事

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

著者近影
著者名:レイヴ
アイオライト号
愛車:アイオライト号

車種:ロードスター NC RHT
グレード:Roadster 5MT
→プロフィール

ご連絡はこちらから
raveroadster@gmail.com

スルガスピードPFSループサウンドマフラー

本ブログの筆者がマフラーメーカー「スルガスピード」と共同開発を行い、高次元のレスポンス向上と官能のサウンドを追求しました。
NC1,NC2両対応。
201005112.jpg