MAZDA FESTA 2007レポート

2007091501.jpg
さて、レポが遅れましたが昨日は筑波サーキットで行われたMAZDA FESTA 2007に行って参りました。
かねぴー氏が今期完全優勝なるか、というところ、応援もかねて私も走行会枠で走ってきました。しかしながら20分で1万円は高いかなぁ~。ロードスターTシャツいただきましたけどね(`・ω・´)
まず予選終了後、朝9時半から早々に走行会のスタート。
走る前のコメント

寝不足です(´・ω・`)2時間位しかねずに行ったので、暑さと緊張でゲロはきそうでした(笑
先日スポンジにブチ込んだこともあり&大々的なイベントの日に何かあったらまずいなぁーと思い&ダンロップ先でやはり怖じ気づいてしまい、踏み込むことが出来ず(笑
あと、足回りを丸ごと変えたところだったので、コーナーの感覚がかなり変わったのもあり、最初の5週くらいはおっかなびっくりでした。
でも、10週目くらいから、なんか「掴んだ感じ」が一瞬“ピキーン”(`・ω・´)シャキーン ときて、そこから多少走りが変わりました。
なんて言うのかな、加重のかけ方とブレーキのタイミングがわかったというかんじ。
2007091502.jpg
その後結構スムーズに回ることができ、最終ラップに落ち着いてムリをせず軽く流した感じで回ってくるとベストラップでした。
っても、1分17秒台とかなり遅いですが(汗

ただ、タイヤも滑ってきている状態で、かなり落ち着いているにもかかわらず先日のいっぱいいっぱいよりも多少速くなったことを考えると、慣れもありますがいい傾向なんじゃないかなと。
また別の機会にガッツリ攻めてみたいと思います(`・ω・´)
あー、デフ入れたい。
その後パドックで展示車両やデモカーを拝見。往年のヒストリックカーからGTのRE雨宮RX-7などなど。
私は結構見慣れていますが(笑)みなさん興味津々でしたね。
私が一番感動したのは新型デミオの後部座席の広さでした(笑
展示車両を見ていると、なんとロードスター開発主査の貴島氏が!一緒に写真を撮っていただき、サインをいただき、握手まで!
サインの時にRHTに乗っているんです、と話を振ってみたらいろいろお話ししてくださりました!
超緊張しましたよ!(`・ω・´)
2007091506.jpg 2007091507.jpg
2007091503.jpg 2007091504.jpg
他にもショップのデモカーや新型チューン車もありました。
D-TECHNIQUE(ディーテクニック)からはNCのNR-Aベースのコンプリートカー『TCR 2000』のプロトタイプが展示されていました。
まず、色が綺麗(笑)オレンジも似合うなぁー(・∀・)
各部にRHTのパーツなども使用し、遊べる一台という感じですね。
そんなこんなでランチタイム。中央芝生の広場にランチスペースが用意され、ケータリングのランチをいただいていると、横のステージではイリュージョンイベントやプロのけん玉師のイベントが開催され、結構盛り上がってました。
特にけん玉は地味ながらもかなりのテクニック。私なんて玉を剣に刺すことすらできないのに、それどころか玉が不可解な動きをしていました。
2007091508.jpg 2007091510.jpg
そして午後からはそれぞれのクラスの決勝が始まりました。

我らがかねぴー氏の結果は……こちらのかねぴー氏のブログでご確認下さい(笑
4耐は暑さで連れの体調が悪くなったので(個人的にも寝不足で起きているのがやっとな状態だったので)夕方前に帰ったのでみれませんでした。残念(´・ω・`)
ですが、レース以外にもイベントはたくさんありましたが書ききれないくらい、マツダを満喫する一日でした。
子供から大人まで丸一日楽しめて、モータースポーツが等身大に近く感じられる、こんなイベントは他になかなか無いですね。
マツダ最高です(`・ω・´)ノ

最近人気の記事

2 Comments

  1. アレチチ アレチチ
    2007年9月18日    

    オレもサーキット走りたいーーーーヽ(`Д´)ノ
    来月会社のツレと鈴鹿行こうかしら・・・(´・ω・`)

  2. レイヴ レイヴ
    2007年9月19日    

    ▼アレチチさん
    俺もーーーーーーーヽ(`Д´)ノ
    なんかチューニングすればするほど、やっぱり試してみたいので、行きたくなりますねぇ。
    鈴鹿いいなぁー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

著者近影
著者名:レイヴ
アイオライト号
愛車:アイオライト号

車種:ロードスター NC RHT
グレード:Roadster 5MT
→プロフィール

ご連絡はこちらから
raveroadster@gmail.com

スルガスピードPFSループサウンドマフラー

本ブログの筆者がマフラーメーカー「スルガスピード」と共同開発を行い、高次元のレスポンス向上と官能のサウンドを追求しました。
NC1,NC2両対応。
201005112.jpg