南千葉サーキット走行会

南千葉サーキットに遊んできました。

マイミクのNackが企画した走行会イベントで神奈川のロードスターのみんなと参加しました。

集合は海ほたる待ち合わせ。何台か揃った後、出発です。朝のドライブという感じでとても気持ちがいい中オープンでサーキットに向かっています。

しばらく走ってサーキットに到着しました。都内からも結構近いので、なかなか良いロケーションです。

走行前に歩いてみると狭いコースレイアウトでコーナもかなりタイトなので、なかなか難しそうなところです。

早速1ヒート目走ってみたところ、とにかく第一コーナーが難しすぎるかなり角度がきついヘアピンのため、1速に入れるか、ケツを流すか、サイドブレーキを引かないととてもじゃないけど曲がりません。

そして、2ヒート目になった時に事件が起こります。
曲がりきれなかった私はそのまま芝生の中に突っ込んだのですが、スタックしてしまい動けなくなりました(´・ω・`)

結局みんなに助けてもらい、サーキットのクルマに引っ張り出していただきました。
なかなかの恥さらし(^ω^)

今回はロードスターだけではなく、半分くらいは違うクルマでした。このあたりのお車は次元が違う走りをしています(゚Д゚;)

お昼の休憩ではサーキットのお弁当です。走行会の楽しみといえばお弁当でしょう。美味しかったです。

お昼休みにはカートをするメンバーも。楽しそうだったからおいらもやればよかった(`・ω・´)

午後は自由走行という感じです。このサーキットのベストタイムが32秒らしいのですが、後から動画を見たところ、私は36秒前後というタイムです。葵くんのNCを借りて走ってみたところ、34秒外8というタイムでした。まあ借り物の車なので、そんなに突っ込めなかったのですが、そこそこのタイムではないでしょうか。
葵くんの車に乗って感じたことはとってもよく曲がるロードスターでした。私の車がかなりアンダーなセッティングになっているということがよく体感できました。

その葵くんやかずに私の車を持って頂きましたが、とにかく曲がらないという意見で、これはちょっと足回りのセッティングを見直さないといけないなと思います。

そんなかずが走行した時の模様はこちらほとんどドリフトマシンのようにケツを流して振って走っていましたやめて(;゚Д゚)

タイヤはSS595でしたが熱だれは早いのですが、いきなりグリップがなくなると言うこともなく割と食いつきはいいですね。ぬるぬる滑る感じなので、練習にはいいかも。

サーキットのイベントが終わった後はみんなで九十九里にある温泉健康ランドに向かっました。
ですが、どうもサーキットでてからもゼロ発進がかなりもたつきます。嫌な違和感を感じました。クラッチが滑ってるような感じ。

なんとか温泉に到着みんなで裸の付き合いをしましたよ(`・ω・´)

その後はマッタリ飯を食べて帰りましたが先ほどよりもクラッチの繋ぎがスムーズになりません。そしてアクセル踏んでも進みません。高速道路に入ってスピード上げても回転数は上がるだけで全く加速しません。これはクラッチがお亡くなり寸前ということで確定ですね。

海ほたるに一度寄って、クラッチを少し冷やしてから帰宅。アクアラインの中はほとんどニュートラルで転がして帰るような形で帰りました。少し加速したらニュートラルにするクラッチを離すということで、ほとんどアクセル踏まずになんとか自宅に帰り着きました。
無事に帰れてよかったです。

まぁ、サーキットにはそういった事もつきものですしね仕方がないからと思ってはいます。逆に6年間こんなにサーキットに行っているにもかかわらず、頑張ってくれた純正のクラッチがすごいなと思いますが、今日ディーラーにクラッチの修理に行こうと家から3キロくらい走ったところで完全に動かなくなりました。
渋滞の坂道で頑張って坂道発進で踏み込んだことがおそらく原因で坂道を越えたところで下ってそのまま動かなくなりましたとさ。

でもまあサーキット自体は楽しかったしみんなとも仲良くなれたのでまたこういうイベントには参加したいと思います。南千葉サーキットは狭いですが、結構お尻を流して走ることができるので結楽しいサーキットでした。

最近人気の記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

著者近影
著者名:レイヴ
アイオライト号
愛車:アイオライト号

車種:ロードスター NC RHT
グレード:Roadster 5MT
→プロフィール

ご連絡はこちらから
raveroadster@gmail.com

スルガスピードPFSループサウンドマフラー

本ブログの筆者がマフラーメーカー「スルガスピード」と共同開発を行い、高次元のレスポンス向上と官能のサウンドを追求しました。
NC1,NC2両対応。
201005112.jpg