エンジントルクダンパーその後

先日エンジントルクダンパーを装着してからの改めてレビューです。
この土日にレビューがてら遠出をしてきました。

コースは高速道路とコーナリング遊びができる某海岸近辺です。

>高速道路での走行とシフトチェンジ
某ネズミの国に行くために東関東道をひた走ってきました。
何回も通り慣れた路面なのですが、どうも高速域での振動に違いがあるようです。
特に私のNCは5速仕様ですので5速で引っ張って回転数は高めなのですが、東関東道の荒れている路面とわりときれいな路面が並行している区間(東雲超えたところくらい)でも、それぞれで受ける印象が以前と違います。
印象が違うなーというくらいで明確な違いは体感できていません。

ただ印象的なのが、前が詰まったときに減速→シフトダウンをしますがそのときに受ける振動は抑えられたと感じます。わずかですが、身震いしているような感じがなくなりはしていないまでもおさまりがいいように感じました。

>コーナーリング中のシフトチェンジ
5速ミッションはもともと入りがいいと聞くので(スコスコ)どんなもんかというところで試しました。
コーナリング中のシフトチェンジについては言われてみれば、というレベルで可もなく不可もなく。元々入りがいいからかな。

でも、コーナーの立ち上がりや加速の時は結構違います。減速の時もそうですが、シフトアップからアクセルオンのショックは抑えられているように思います。

私自身そんなにシフト操作がうまい方ではないと思っていますが、ドカッという一発のあとのブレは抑えられたかなぁという印象。

横方向につけているダンパーなので横に効くのかなという印象ですが、どちらかというと縦方向の動きの後にくるブレが軽減されているなぁ、というのが全体の印象です。
なんかこう言うの数値化できたらいいんですけどね。

峠かサーキット行きたいなぁ。

最近人気の記事

No Comments Yet

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

著者近影
著者名:レイヴ
アイオライト号
愛車:アイオライト号

車種:ロードスター NC RHT
グレード:Roadster 5MT
→プロフィール

ご連絡はこちらから
raveroadster@gmail.com

スルガスピードPFSループサウンドマフラー

本ブログの筆者がマフラーメーカー「スルガスピード」と共同開発を行い、高次元のレスポンス向上と官能のサウンドを追求しました。
NC1,NC2両対応。
201005112.jpg