オープンカーであることの喜び

ロードスターに乗っていると、当たり前のようにいつも屋根をあけています。
やっぱりオープンで走るのは、ちょっと近所の買い物に行くだけでも気持ちいいものです。
で、今日は知り合いの女の子を、千葉の家まで送り迎えをするために湾岸を突っ走ってきました。
初めてオープンカーに乗ったらしく「気持ちいい~♪」と、おおはしゃぎ(≧ω≦)b
東京ディズニーリゾートを右に眺めながらブーンとオープンで100km/h。
そして下道ではオープンの状態で2速5千回転でマフラーをうならせたら感激しておりました。
そう、これなんです、これがオープンカーの醍醐味、そして衝撃。これはオープンスポーツに乗らなきゃわかんないけど、やっぱすっげー楽しいんだ、と再認識。
なんか初心に返った感じでした(`・ω・´)
最終的には洗脳して「免許とったらオープンカーが欲しい」といわせましたが何か?(笑

最近人気の記事

2 Comments

  1. たぬ吉 たぬ吉
    2007年7月2日    

    レイヴさんおひさです。
    初めてのオープンは10年ほど前・・・サイパンでマスタングをレンタルした時でした。当時は電動のソフトトップでNC RHTと同じような動作時間(20秒位?)だったと記憶しています。サイパンの天気は、基本的ドピカンで、いきなり短いスコールが日に何回か来ます。物珍しさもあって、都度開け閉めしたことを思い出します。当時のサイパンはスポーツカー自身が非常に少数派で、半分以上がピックアップトラックでした。(今もそうかな?)だからお目立ち度は半端じゃありません。(レンタカーであることがバレバレですが・・・)オープンで走ってたら、スクールバスの学生、生徒や、荷台に乗っかって仕事場帰りのおっちゃんなんかが陽気に手を振ってくれたりしました。ええとこのリゾートホテルなんかではベルマンが声かけてくれたり・・・路面が砂っぽくてカッ飛ばすことはできませんし、カローラあたりと比べたら4倍位の出費でしたが、いい思い出です。
    我が家の車庫は青空の下ですので、幌は二の足を踏んでいたのですが、RHTが出てよかった。自分にとっては、オープンカーの敷居を低くしてくれたありがたい車です。

  2. レイヴ レイヴ
    2007年7月3日    

    ▼たぬ吉さん
    そうなんですよね、やっぱりオープンカーは目立つけど、気持ちがいいし、そうしてコミュニケーションが発生するとより一層充実感が味わえますよね。
    私も街中で乗っていたりすると振り返られたり、通りすぎる車がこっちを見ていたりします。
    ましてや同じロードスターに出会うと大興奮です(`・ω・´)
    お互い意識してると思うんだけどな(笑
    たぶんみんな一度は乗ってみたいんでしょう、と勝手に思っていますが、ライトウエイトオープンFRは、今まで乗ったどの車よりも本当に刺激的ですね。
    RHTという選択肢を与えてくれたマツダさんは本当にえらい!というよりすごい!
    マスタングのオープンってのもカッコイイですよねー。
    ああいうガッツリ系のクルマも結構好きなので。
    いずれすっげー儲かったら、戸塚あたりに家を買って、ロドとコルベットとガヤルドスパイダーとスーパー7を並べるのが夢です(笑
    軽快にガッツリとラグジュアリーにピーキーなかんじで(≧ω≦)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

著者近影
著者名:レイヴ
アイオライト号
愛車:アイオライト号

車種:ロードスター NC RHT
グレード:Roadster 5MT
→プロフィール

ご連絡はこちらから
raveroadster@gmail.com

スルガスピードPFSループサウンドマフラー

本ブログの筆者がマフラーメーカー「スルガスピード」と共同開発を行い、高次元のレスポンス向上と官能のサウンドを追求しました。
NC1,NC2両対応。
201005112.jpg