ロードスターで芝桜と榛名山とペヤング

GWですが!仕事忙しいこともあり、何が起きるかわからないので、どこか旅行に行くなどの予定も組んでおらず、近場にドライブして参りました。

芝桜の季節ですが、富士はまだあまり咲いていないとのことでしたので、群馬は高崎の「みさと芝桜公園」まで行ってきました。朝イチに出発。前橋を超えるとなるとやはり片道150kmコースですが、河津桜以来の遠出で楽しかったです。
カーナビで検索しても市町村合併のせいで住所検索しても出てこなかったので若干迷いながら到着。

到着していきなりお出迎えの芝桜。丘になっている公園に斜面にすでに満開(というより植えている)。

駐車場ですでに芝桜満開

駐車場がとなりですぐに芝桜にたどり着けるのがいいですね。

そして入園。

桜の木は葉桜ですが芝桜は満開

おお、素敵!生まれて初めて芝桜を見に来たのですが、びっちり3色に敷き詰められて、公園全体がアートのようですね。
丘の上から俯瞰で

3色のコントラストがとってもきれい 

足下から

お花のひとつひとつもとってもきれい

公園自体はそんなに広くないのですが、歩き回らされることもなく、見応えもあって、とっても素敵でした(`・ω・´)

芝桜を堪能した後は公園で配られていた近隣マップをもとに、自家製石臼引きそば粉でのそば屋さんを発見したので、「そば盛」というお店へ、公園からくるまで10分くらい。

「そば盛」
http://r.tabelog.com/gunma/A1001/A100102/10002263/

店頭にはごりごりひかれるそばが。おいしそう。

石臼と言ってもマシンですが

頼んだのは「イカ天丼セット」。

イカ天でかいお!

このボリュームで850円!東京で食ったら1500円はするよね!イカ天はカラッと揚がってプリプリ!そばはコシコシ!めんつゆもうまい!(^ω^)

ズルッズルッ!(^q^)
カリッサクッ!プリッ!もぐもぐもぐもぐ(;`・ω・´)
ズルッズルズルル!
サクサクサク!熱ッッ(;゚∀゚)

最後にそば湯で大満足でした。

そんなわけでおなかもいっぱいになったので、腹ごなしのドライブ。ここまできたら行くところと言えばただひとつ。榛名山でしょう。
3年ほど前にみんからドライブで来て以来だったので、単独ドライブは初めて。とりあえずオーソドックスな道で山頂を目指す!

路面に砂埃がたまっていたことと、タイヤの状態があまりよくなかったので、コーナリングのたびにタイヤが空転してズルズルでしたが頭文字D的な感じで超タノ!(゚∀゚)

そして山頂到着。榛名富士をバックに。

ゴンドラには上りませんでしたが

しかしながら山頂に着いたあたりで雲行きが怪しく、激しい通り雨、激しい雨が(`・ω・´)
雨がおさまった後は湖の周りを周遊したり、ボートに乗ったりして榛名山満喫。今回もロープウェーには乗りませんでしたが。

そして、このまま帰るのはもったいないので、群馬のスーパー銭湯に行くことに。
ネットて適当に探して前橋「やすらぎの湯」へ
http://www.yasuraginoyu.jp/maebashi/

が!到着したら!

ペヤング

ペヤングとともに

ここで作ってるんかぁー!(゚∀゚)
まさにいま焼きそばが作られているのか、工場の屋根からは湯気がもくもくあがっていました。

お風呂も泡風呂、電気風呂、炭酸風呂、温泉、ミネラル風呂、サウナ、ミストサウナ、塩サウナと堪能して大満足(^ω^)
じゅうぶん疲れを癒して、のんびり帰宅。

帰りは東北道、久喜まで下道で出て渋滞知らずで帰宅。

久々の大冒険でした。

ペヤング(゚∀゚)

最近人気の記事

2 Comments

  1. アレチチ アレチチ
    2011年5月2日    

    ペヤングいいね!工場大好き!!
    芝桜は以前にめざましテレビでやってたぉ!
    きれいよね!

  2. レイヴ レイヴ
    2011年5月2日    

    ▲アレチチ
    俺も工場大好き(*゚∀゚)
    工場見学したかったー。リアルスコープ!

    生まれて初めて芝桜見たけど、きれいだわ。
    なんか小さい頃あんまりこういう観光名所には連れてきてもらった記憶がないから、
    車買ってからの観光名所巡りっぷりが凄いと思った

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

著者近影
著者名:レイヴ
アイオライト号
愛車:アイオライト号

車種:ロードスター NC RHT
グレード:Roadster 5MT
→プロフィール

ご連絡はこちらから
raveroadster@gmail.com

スルガスピードPFSループサウンドマフラー

本ブログの筆者がマフラーメーカー「スルガスピード」と共同開発を行い、高次元のレスポンス向上と官能のサウンドを追求しました。
NC1,NC2両対応。
201005112.jpg