久々のTC2000 – バイキン3時間耐久走行会

いぇあー(゚∀゚)v


2コーナーでピース!(゚∀゚)v
こんな感じで調子こいてあとでえらい目に遭うんですが。

さて、半年ぶりのサーキットは毎年恒例バイキン走行会TC2000!
毎年毎年ゴッ寒の中ですが、今回も快晴で楽しい一日でした。参加車両は120台近くになり、今までにない規模でした。
今回はチームメイトでいつものかずと、なんとブライトニングの嶋崎社長とご一緒でした!

ブライトニング号!中も外もパッキパキ!

スーチャー仕様ではなく、ハイカム仕様でしたが、3部山のZ1★でベスト1分7秒469 というトンデモタイム、7秒台連発という。さすがです!

朝7時に守谷でかずと待ち合わせ。柏を越えたところあたりで見覚えのあるNCが。神奈川ロードスターの面々、葵さん、クラースさん、まーくん、じゃみべんさん、かみるさん達とも合流。みんなで仲良くゴーイング筑波。
水海道を走っていると、凄くいい天気で、遙か彼方に雪山の尾根も見えました。写真では綺麗に映らなかったけど、あれは距離的に尾瀬かどこかかなぁ?

で、到着し、準備~ドラミのあと早速しゅっぱーつ。毎度のことながら1番手。

いってきま!(゚∀゚)b

今回はスタートが慣熟走行からのローリングスタートだったのですが、その流れの中で先導車の後ろにつくことが出来たので、スタートはなんと先頭!
しかしタイヤも暖まってないからゆっくり走っていたら最終コーナーでMR-Sにインを突かれ、そのままゴンゴン抜かれていきました。でも、先頭を走るのは気持ちよかった!
今回、動画は電池切れもあってこれしか撮れなかった…(´・ω・`)

ほどなくしてかずと交代。かずは調子よく1分12~14秒台で刻んでいく。さすが。R1Rいいなぁ。僕は4年落ちのAD07だったので、油断するとリアがズルズル。

かずもゴッゴリ攻める!(`・ω・´)

そして嶋崎さんのターン。エキゾーストノートが圧倒的に違うのもありますが、もうなんて言うか異次元の走り。嶋崎さんには1時間ぶっ通しで走っていただいて、ストレートや各コーナーのスタンド席など何カ所かで見ていたのですが、ヘアピンで大外まくりで5台くらい抜いたかと思うと、ストレートでエイトをブッちぎるなど、もう、どこからでも曲がっていくし、どこからでも抜いていくし、凄すぎるー!

横について・・・からの!

ブチ抜き!

嶋崎さんの走行後はデータロガーでいろいろ拝見させていただきました。GPSを使ったコース取りや、アクセル開度、センサーによる姿勢変化、などなどアリとあらゆるデータを見ることが出来て楽しかったですね。こんなふうにデータ収集が出来たらサーキットを走るのがもっと楽しくなりそう。

圧倒的なパフォーマンスを見せられて、テンション上がって俺のターン!第2回目。
タイヤも暖まって、気愛入れて走ってみた。が・・・

カウンターあてたけどー!ごめーん!


うひょぁー(´・ω・`)

とほほ・・・

でも今回はスピンはこれだけ。さすがに10週越えるともうタイヤが厳しくて、少しクールダウンしながら走って、また何回か攻めて今回のベストタイムは1分14秒991でした。ベストより2秒も遅い。まぁしゃーない。チーム数も32チームで最大32台がコースにはいっているので混み混み。
クリアラップを取る機会は少なかったけど、テールトゥノーズ(されて)とか、牽制しながら走るのは楽しいですね。

無事周回を重ねて3時間。楽しく走りきることが出来ましとぁ(゚∀゚)

嶋崎社長はお仕事の関係でお先に帰られたのですが、終了後は神奈川ロードスターのメンバーとみんなで「びっくりとんかつ かつ太郎」でつくば王様とんかつロースでおなかいっぱいに。

走ったあとはとんかつですよ!


激烈な睡魔と戦いながら無事帰宅しました。

うん、やっぱりサーキット遊びは楽しいなぁ!
今年はジムカーナとかTC1000とかちょいちょい走りに行こうかな。

今年も走るよ!(`・ω・´)

最近人気の記事

1 Comment

  1. 2011年1月31日    

    一緒に走るはずだったんだけどなぁ・・・ヘルメット買ったし、そのうち絶対行くぞ!

    関係ないけど、ブログのアドレスがlivedoorに変わったんで、よかったら変更してくださいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

プロフィール

著者近影
著者名:レイヴ
アイオライト号
愛車:アイオライト号

車種:ロードスター NC RHT
グレード:Roadster 5MT
→プロフィール

ご連絡はこちらから
raveroadster@gmail.com

スルガスピードPFSループサウンドマフラー

本ブログの筆者がマフラーメーカー「スルガスピード」と共同開発を行い、高次元のレスポンス向上と官能のサウンドを追求しました。
NC1,NC2両対応。
201005112.jpg